江戸時代初期、明暦年間約340年前、加賀前田藩(現金沢市)の御用窯(献上品)として現加賀市山すその村(九谷村で焼成された古九谷磁器の既存色素、
五彩(青彩、紺青彩、黄彩、紫彩、赤彩)を手書き、手塗りで純九谷焼白釉磁器に、古九谷画風を基本に独自デザイン制作しましたオリジナル限定商品です。

古九谷風花瓶

古九谷画風は愛好家の中ではお知り方が多い画風で白磁器花器素材の両面(正面、後面)を中心に手書き、手塗りで古九谷風花鳥画を独自画風でモチーフしました。
その器の周囲を手書き、手塗りで元来の九谷焼小紋画で埋めました。和洋問わず又、多用(生け花を添える)器としてもご観賞してもらえたら、伝統を継承する一人の創り手として 幸です。

おすすめの記事