日本人に生まれた喜びの一つ 米

各器は九谷焼白磁器土で手ロクロ、及び型起こし技法で制作しました素材を本窯焼成(温度1200℃)しました。
その器に独自技法にて内部に漆、渋柿を塗り込むことで防虫、防カビ効果を高めます。
日本人の喜びの一つ「米」、それを安心して頂く為の米保存器です。

九谷焼米びつ 小雪釉彩・赤釉金銀彩

「小雪釉彩」は吉臣ラスター赤彩と黄彩、各器を再度上絵焼成(680℃)しました素材に金銀彩で雲流風にデザインして二度目の上絵焼成(温度740℃)により制作完成致しました、吉臣窯のオリジナル器です。
「赤釉金銀彩」は元来、九谷五彩特有の赤彩を下地に吉臣窯独自のデザイン(兎画)を施し、工程としてはやはり二回の上絵焼成(700℃~900℃)しました赤絵釉彩器です。

おすすめの記事